2005(平成17)年度事業報告

2005(平成17)年度に行われた活動


    ○第137回シマ研究会(シマ研究会20周年記念)

        日 時 : 2005年5月9日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 来間泰男 所員(沖縄国際大学経済学部教授)
        テーマ : 「沖縄歴史研究の現在と課題−新版『沖縄県の歴史』の検討−」
        コメンテータ: 豊見山和行 特別研究員(琉球大学教育学部教授)
               安里  進 特別研究員(浦添市文化部長)
               田名真之 特別研究員(沖縄県県立芸術大学教授)
               西里喜行 特別研究員(琉球大学教育学部教授)
         司 会 : 安仁屋政昭 特別研究員(沖縄国際大学名誉教授)
        参加者 : 65名

    ○第138回シマ研究会

        日 時 : 2005年6月20日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : WayneLawrence 特別研究員(オークランド大学)
        テーマ : 「今帰仁方言アクセントの通時的派生」
        コメンテータ: 西岡  敏 所員(沖縄国際大学総合文化学部助教授)
        司 会 : 高橋俊三 所長(沖縄国際大学総合文化学部教授)

    ○第139回シマ研究会
        
        日 時 : 2005年7月11日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 渡邊康志 特別研究員(沖縄国際大学非常勤講師)
        テーマ : 「GISによる1945年米軍撮影空中写真の分析
               -宜野湾市キャンプ瑞慶覧地区の戦前土地利用‐」
        コメンテータ: 小川  護 副所長(沖縄国際大学経済学部教授)
        司 会 : 崎浜  靖 専任所員(沖縄国際大学総合文化学部助教授)


    宜野湾市教育委員会委託調査
        
        『瑞慶覧地区再現検討調査業務報告書』(200頁)
        『普天間飛行場旧土地利用再現調査報告書』(100頁)
        共に2005年7月発刊


    2005年度窪徳忠琉中関係研究奨励賞募集要項を関係機関に送付       
        
        2005年8月10日(水)


    ○第140回シマ研究会

         日 時 : 2005年10月17日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 呉  錫畢 所員(沖縄国際大学経済学部教授)
        テーマ : 「W.B.イェーツからみるケルティックタイガーアイルランド
               -アイルランドの経済・文化より沖縄の夢を語る‐」
        司 会 : 名城  敏 所員(沖縄国際大学経済学部助教授)


    ☆中国福建師範大学中琉関係研究所との国際学術シンポジウム
                        (福建師範大学98年記念行事)


         日 時 : 2005年11月4日(金)
        場 所 : 福建師範大学
        報告者 : 波平勇夫 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)
               「福建の民間金融組織」

               上原  靜 所員沖縄国際大学総合文化学部助教授

               「沖縄離島における中国系瓦の生産と展開」
               小熊  誠 所員沖縄国際大学総合文化学部教授
               「福建の宗教と沖縄の門中における比較研究」
               高橋俊三 所長(沖縄国際大学総合文化学部教授
               「沖縄における二十四孝」


    ○第141回シマ研究会

         日 時 : 2005年11月14日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 宮城能彦 氏(南島研特別研究員・沖縄大学地域研究所副所長)
        テーマ : 「共同売店の現在」
        コメンテータ: 来間泰男 所員(沖縄国際大学経済学部教授)
        司 会 : 桃原一彦 所員(沖縄国際大学総合文化学部講師)


    ☆第27回南島文化市民講座

         日 時 : 2005年11月19日(土)午後2時〜5時
        場 所 : 西原中央公民館
        テーマ : 「文学からみた沖縄の戦後60年」

        講演テーマ及び講師
        
        「沖縄戦後文学60年-文学と状況-」
         大野隆之 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)

        「現代沖縄文学見られる意識の二面性-アメリカ黒人文学との比較を中心に-」

         追立祐嗣 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授

        「再魔術化する世界と沖縄文学」
         塩月亮子 氏(日本橋学館大学助教授)


        「沖縄文学の中の表象 その女性像からみる〈戦後沖縄〉」
         与那覇恵子 氏(南島研特別研究員・東洋英和女学院大学教授)


    ○第142回シマ研究会

         日 時 : 2005年12月12日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 安里嗣淳 氏(南島研特別研究員・元埋蔵文化財センター所長)
        テーマ : 「沖縄先史時代後期のムラ」
        コメンテータ: 上原  靜 所員(沖縄国際大学総合文化学部助教授)
        司 会 : 江上幹幸 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)


    
☆『米海兵隊ヘリ墜落事件報道実態調査報告書』(57頁)


        2006年1月13日発行


    ○第143回シマ研究会

         日 時 : 2006年1月13日(金)午後4時20分〜6時
        報告者 : 高嶺朝一 氏(琉球新報社元論説委員長)
               玉城朋彦 氏(南島研特別研究員・早稲田大学大学院)
        テーマ : 「米軍ヘリ墜落事件は、マスコミにどのように報道されたか
                        −全国マスメディア悉皆調査に基づいて−」
        司 会 : 石原昌家 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)

        ※
2006年1月14日のNHK朝のニュースで放送されました。


    ○第144回シマ研究会

         日 時 : 2006年1月23日(月)午後4時20分〜6時
        講 師 : 渡邊春美 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)
        テーマ : 「沖縄の国語教育史-昭和30年代の国語教育実践を中心に-」
        コメンテータ: 梶村光郎 氏(琉球大学教育学部教授)
        司 会 : 吉野樹紀 所員(沖縄国際大学総合文化学部教授)


    ☆窪徳忠琉中関係研究奨励賞贈呈式

         日 時 : 2006年3月3日(金)午後6時30分〜7時30分
        場 所 : 沖縄国際大学厚生会館4階ホール
        受賞者 : 辻雄二 氏(琉球大学教育学部助教授)


    ☆与那国島調査報告講演会

         日 時 : 2006年3月11日(金)午後7時30分〜9時30分
        場 所 : 与那国町祖納中央公民館
        講 師 : 新垣 武 所員(沖縄国際大学経済学部助教授)
        テーマ : 「与那国島の水循環」
        講 師 : 杉本信夫 氏(南島研特別研究員・沖縄国際大学非常勤講師)
        テーマ : 「与那国島のうたの今昔 −その発展的継承とは−」
        司 会 : 崎浜 靖 専任所員(沖縄国際大学総合文化学部助教授)
        共 催 : 沖縄国際大学南島文化研究所・与那国町教育委員会



サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る