2007(平成19)年度事業報告

研究会
(1)シマ研究会
1.第151回シマ研究会
日 時:2007年4月16日(月)午後4時20分〜6時
講 師:佐喜眞 道夫 氏(佐喜眞美術館館長)
テーマ:「『沖縄戦の図』への想い」
コメンテータ:稲福 日出夫 所員(法学部教授)
司 会:源河 葉子 所員(経済学部准教授)
参加者:23名
 
2.第152回シマ研究会
日 時:2007年5月21日(月)午後4時20分〜6時
講 師:大石 太郎 氏(琉球大学法文学部講師)
テーマ:「ニューカレドニアの土地と人々―沖縄県出身移民を中心に」
コメンテータ:石川 友紀 氏(琉球大学名誉教授)
司 会:石川 朋子 氏(沖国大非常勤講師)
参加者:24名
 
3.第153回シマ研究会
日 時:2007年6月1日(金)午後3時30分〜5時30分
講 師:大湾 ゆかり 氏 他(沖縄県公文書館)
内 容:「大学生のためのアーカイブズ入門―」
※映像資料の上映・解説・所蔵資料・利用方法の紹介
参加者:133名

4.第154回シマ研究会
日 時:2007年7月9日(月)午後4時20分〜6時
講 師:兼本 敏 所員(総合文化学部准教授)
テーマ:「マカオの中国語事情」
コメンテータ:藤波 潔 所員(総合文化学部准教授)
司 会:崎浜 靖 専任所員
参加者:21名

5.第155回シマ研究会
日 時:2008年1月21日(月)午後4時20分〜6時
講 師:児玉 絵里子 氏(財海洋博覧会記念公園管理財団学芸員・南島研特別研究員)
テーマ:「近現代琉球紅型に於ける画家の表現と文化財指定(伝統継承)の課題」
コメンテータ:金城 則克 所員(経済学部教授)
司 会:崎浜 靖 専任所員
参加者:22名

(2)与那国島研究会
第1回与那国島研究会
日 時:2007年6月11日(月)午後4時20分〜6時
場 所:南島文化研究所
<報告・審議事項>
1.与那国研究会の世話人の選出について
2.与那国研究の過去の研究事例について
3.前期の調査計画について
4.その他
 
第2回与那国島研究会
日 時:2007年6月25日(月)午後4時20分〜6時
場 所:南島文化研究所
<報告・審議事項>
1.夏季休業中の調査計画について
2.参加メンバ−について
3.その他

第3回与那国島研究会
日 時:2007年11月5日(月)午後4時20分〜6時
場 所:南島文化研究所
<報告・審議事項>
1.後期の調査計画について
2.与那国町調査報告講演会について
3.調査報告書の執筆者について
4.その他

第4回与那国島研究会
日 時:2007年12月3日(月)午後4時20分〜6時
場 所:南島文化研究所
<報告・審議事項>
1.後期の調査計画について
2.与那国町調査報告講演会の講師選定について
3.その他

(3)台湾・福建、韓国研究会
第1回台湾・福建、韓国研究会
日時:2007年5月28日(月)午後4時20分〜6時
<報告・審議事項>
1.今年度研究会の世話の選出について
2.第2回 協定校間国際学術シンポジウムの開催(10/27)について
3.今年度(前期)の調査計画について
4.調査メンバーについて
5.その他

第2回台湾・福建、韓国研究会
日時:2007年7月2日(月)午後4時20分〜6時
<報告・審議事項>
1.韓国調査の日程について
2.台湾調査の日程について
3.その他

第3回台湾・福建、韓国研究会
日時:2007年10月22日(月)午後4時20分〜6時
<報告・審議事項>
1.後期の調査について
2.2007年度 協定校国際学術シンポジウムの開催ついて
3.その他

(4)松本三益資料研究会
目的:南島研に寄贈され、現在不十分な整理のまま所蔵されている「松本三益資料」に関し、その整理・目録化を完遂し、併せて同資料の史料学的価値や意義を研究する。同時に史料学的価値の高い史料については翻刻等の方法により公開することで、同史料の保存機関としての南島研の社会的責任を果たすことに寄与する。
メンバ−:吉浜忍所員、藤波潔所員、桃原一彦所員、鳥山淳氏、納富香織氏
※ 研究会及び目録作成

日 時:2007年6月28日(木)、9月4日(火)、10月20日(土)、11月15日(木)、
時 間:午前10時〜12時(10/20については10時〜5時)
場 所:南島文化研究所



第29回南島文化地域学習
テーマ:「勝連半島の自然と文化」

日 時:2007年6月22日(金)午前9時〜午後5時
場 所:勝連半島及び周辺離島

参加者:講師・スタッフ11名、合計45名



協定校間国際学術シンポジウム
テーマ:「東アジア文化圏の諸相(part2)―東アジアにおける家譜と民間信仰の比較研究−」

日 時:2007年10月27日(土)時間:午前9時〜午後5時
場 所:本館6階会議室

一部
テーマ:「族譜及び家譜の比較研究」

発表者
1.陳 支平 氏(厦門大学文学員院院長)
テーマ:「福建における族譜の基本的特徴」

2.金 東洙 氏(全南大学校湖南文化研究所)
テーマ:「韓国の族譜」

3.田名 真之 所員(南島文化研究所)
テーマ:「琉球家譜の特徴」

コメント:比嘉 政夫 氏(沖縄大学教授)
コメント:李 鎮 榮 氏(名桜大学教授)

司 会:小熊 誠 所員

二部
テーマ:「民間信仰の比較研究」

発表者
1.林 国平 氏(中国福建師範大学中琉歴史関係研究所)
テーマ:「沖縄における観音信仰の研究」

2.表 仁柱 氏(全南大学校湖南文化研究所)
テーマ:「韓国における村信仰の宗教的構造と類型」

3.稲福 みき子 所員(南島文化研究所)
テーマ:「韓国・沖縄(海神儀礼の比較研究)」

コメント:佐野 賢治 氏(神奈川大学日本文化常民文化研究所)
コメント:津波 高志 氏(琉球大学教授)

司 会:狩俣 恵一 所員

参加者:72名 (一般32名、学生27名、特別研究員・所員13名)



第29回南島文化市民講座
テーマ:「地域と博物館の関わりを考える
−県立博物館・美術館の新たな展開をめざして−」

日 時:2007年12月1日(土)午後2時〜6時
場 所:沖縄県立博物館新館・美術館講堂

基調講演
木下 直之 氏(南島文化研究所特別研究員・東京大学大学院人文社会系研究科教授)

シンポジウムパネリスト
翁長 直樹氏(沖縄県立博物館・美術館美術館班主館)
テーマ:「沖縄県立美術館の可能性と課題」

萩尾 俊章氏(南島文化研究所特別研究員・沖縄県立博物館・美術館博物館班班長)
テーマ:「博物館を中心としたネットワークづくり」

仲原 弘哲 氏(南島文化研究所特別研究員・今帰仁村歴史文化センター館長)
テーマ:「沖縄の地域博物館の果たす役割」

源河 葉子 所員(沖縄国際大学経済学部准教授)
テーマ:「ミュージアムと沖縄:地域の見方を考える」

コメンテーター
梶 亨 氏(川崎市高津区長)

司  会:田名 真之 所員(南島文化研究所・沖縄国際大学総合文化学部教授)

主 催:南島文化研究所・沖縄タイムス社
共 催:沖縄県博物館協会
後 援:沖縄県教育委員会・日本博物館協会・NHK沖縄放送局・琉球放送(株)・琉球朝日放送(株)     

参加者:152名(一般87名、学生29名、所員、特別研究員、その他関係者36名)



与那国島総合調査
(1)与那国の自然・社会・文化についての総合調査(3年計画の3年目)
南島文化研究所では、2005年度から3ヵ年計画の「与那国島の自然・社会・文化の総合研究」を実施した。
 
2007年度の調査参加者及びテーマは次のとおり。

1.日 時:2007年8月26日(日)〜8月29日(水)
片本 恵利 所員「地域文化と心理臨床」
2.日 時:2007年8月24日(金)〜8月31日(金)
杉本 信夫 特別研究員「与那国の祭祀と歌謡、古謡に見られる宮古、八重山との関係」
3.日 時:2007年8月28日(火)〜8月31日(金)
友知 政樹 所員「与那国の経済社会統計に関する研究」
崎浜 靖 専任所員「与那国村落の歴史地理」
杉本 信夫 特別研究員「与那国の祭祀と歌謡、古謡に見られる宮古、八重山との関係」
4.日 時:2008年3月15日(土)〜3月20日(木)
杉本 信夫 特別研究員「与那国伝統音楽芸能の調査と鬼虎征伐に関する調査」

(2)与那国島調査報告講演会
テーマ:「与那国方言の語源を探る」

日 時:2008年3月15日(土)午後7時30分〜9時30分
場 所:与那国町比川公民館

報告者:片本 恵利 所員(総合文化学部准教授)
テーマ:「シマの暮らしと自分らしさ」

報告者: 高橋 俊三 所員(総合文化学部教授)

参加者:57名



韓国調査
1.日 時:2007年9月10日(月)〜9月15日(土)
上原 静 所員「先史・古代における琉球と韓半島の交流について」
名城 敏 所員「珍道および済州島の自然環境調査」
崎浜 靖 専任所員「韓国済州島の歴史地理」
呉 錫畢 所員「済州道における特別自治道の実施後の経済変化について」
友知 政樹 所員「韓国カジノ(江原道・済州島がもたらす社会的影響に関する調査」



台湾、福建調査
台湾調査
1.日 時:2007年11月22日(木)〜11月24日(日)
藤波 潔 所員「台湾を軸とした近代化・現代化に関する歴史学的アプローチ」
宮城 邦治 所員「琉球嶼の自然環境に関する生態学的研究」
兼本 敏 所員「台湾南部における借詞の調査」 
 
1.日 時:2008年3月26日(水)〜3月30日(日)
兼本 敏 所員「台湾の近代化・現代化に関する研究」
宮城 邦治 所員「台南周辺の農業事情と自然環境に関する調査」
藤波 潔 所員「台湾を事例とした近代化・現代化に関する調査」



窪徳忠琉中関係研究奨励基金
第12回窪徳忠琉中関係研究奨励賞審査委員会及び運営委員会
日 時:2008年2月15日(金)午後6時30分〜9時
場 所:沖縄都ホテル
出席者:窪徳忠先生、小川護所長、上里賢一氏、西里喜行氏、小熊誠所員、
田名真之所員、崎浜靖専任所員、玉那覇マサ子
 
第12回窪徳忠琉中関係研究奨励賞授与式及び祝賀会
日 時:2008年3月7日(金)午後6時〜9時 
場 所:厚生会館4階ホール
祝賀会:〃
受賞者:大浜 郁子 氏(法政大学兼任講師)
参加者:64名(一般38名、特別研究員5名、所員・スタッフ21名)



編集及び発行
(1)紀要『南島文化』第30号 2008年3月31日
(2)『八重山、与那国島調査報告書(2)』 第35号 2008年3月31日
(3)「シマ研究会シリーズ No.151〜No.155」 2008年3月31日

サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る