南島文化研究所では、韓国全南大学校湖南学研究院と1997年に国際交流協定を調印し、毎年学術交流を続けています。
今回は、韓国光州市にある「全南大学校湖南学研究院」にて開催されました協定校間学術交流講演会に参加してきました。

【南島研】協定校間学術交流講演会に参加しました

韓国・中国・日本 協定校間国際学術大会
東アジアの文化

日 時:2016年12月2日(金) 午後1時〜6時

開催場所:韓国光州市 全南大学校湖南学研究院


【第一部 学術発表】司会:金昌圭(韓国・全南大学校 湖南学研究院)

狩俣恵一(沖縄国際大学 南島文化研究所)
琉球の御冠船踊りと礼楽思想

張小坡(中国・安徽大学 徽学研究中心)
明、清、徽州の民衆の伝統的な祝日と娯楽:忌日、祭祀の風習を例とする

李栄真(韓国・全南大学校 湖南学研究院)
近代日本の人民とユートピア


【第二部 学術発表】司会:崔裕峻((韓国・全南大学校 湖南学研究院)

大城博美(沖縄国際大学 南島文化研究所)
楽を求める人たち

張緒(中国・安徽大学 徽学研究中心)
楽且有為:明、清時代の徽州の老人たちの日常生活

金キュン鎬(韓国・全南大学校 湖南学研究院)
楽世に対する熱望:侍天主と後天開闢を中心とする


【第三部 綜合討論】座長:李晟遠(韓国・全南大学校 湖南学研究院)




   
   
   



















 

サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る