【南島研】第199回 シマ研究会を開催しました

南島文化研究所では、下記の通りシマ研究会を開催いたしました。

【第199回 シマ研究会】

テーマ
占領下沖縄における学校図書館文化を支えた教師たち

講 師:漢那憲治 (南島文化研究所特別研究員・元龍谷大学文学部教授)

日 時2017年1月23日(月) 午後4時20分〜5時50分
会 場:沖縄国際大学 13号館 1階会議室

コメンテーター:山口真也 (南島文化研究所所員・沖縄国際大学総合文化学部教授)

司  会 :崎浜靖 (南島文化研究所副所長・沖縄国際大学経済学部教授)

   
   
   
   
   
   

【参加者より寄せられた感想】 ※アンケートより抜粋

沖縄の学校図書館運動について初めて知ったのですが、運動の内容やその背景、学校図書館文化を支えた方々のことを知り、自分が利用していた学校図書館がどのようにしてできたのか、自分が恵まれた環境で学ぶことができているのかを実感しました。(10代、女性、学生)

今、学習指導要領などにでているアクティブラーニングや生きる力の育成が沖縄では1950年代から言われていたこと。そういった思想をお持ちの教育者の方々の存在により、沖縄の先進的な学校図書館が生まれたのだということが良くわかりました。(30代、女性、教育関係)

図書館の存在意義を「歴史から学ぶ」大切さをあらためて感じました。(40代、男性)

現在の沖縄の図書館が存在しているのかがとてもよく理解できました。歴史的にも学校図書館文化を支えてきた教師の力は大きいと感じました。(50代、男性、教育関係)


多くの皆様にご参加いただきました。
ありがとうございました。















サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る