【南島研】福建調査を実施しました。


南島文化研究所では、毎年実施している福建調査を行いました。
研究所間協定校を結んでいる中国・福建省 福建師範大学中琉関係研究所の全面的協力を得て、琉球と福建の交流に関する調査をメインに現地調査を実施しました。

【参加メンバー&調査テーマ】2017年3月4日〜3月9日 
(世話人)上原靜所長:明朝系瓦の造瓦技術の系譜について
崎浜靖副所長:福建省における地理学的調査
深澤秋人:福州における琉球・中国交流史の調査研究
大城博美:福建における民俗文化の表象について(博物館等展示における)

 
 福建師範大学中琉関係研究所にて情報交換 琉球人墓を訪問
   
 寧徳市の窯業施設見学  草苺(イチゴ)の産地にて
   
 万寿尚書廟訪問  改修記念碑を確認
   
 地図を片手にかつての琉球人縁の地を探す  ビン江にかかっていた洪山橋の基礎部分

中琉関係研究所がある建物の前で

柔遠駅(琉球館)にて

サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る