【南島研】第202回 シマ研究会 「琉球諸語の音声教材作成と記述文法研究について」を開催します

南島文化研究所では、次の通りシマ研究会を開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。



【第202回 シマ研究会】

琉球諸語の音声教材作成と記述文法研究について

講 師:當山奈那 
南島文化研究所特別研究員/日本学術振興会特別研究員PD(沖縄国際大学)

コメンテーター:西岡 敏 (南島文化研究所所員/沖縄国際大学総合文化学部教授)
司 会:下地賀代子 (南島文化研究所所員/沖縄国際大学総合文化学部准教授)

日 時:2017年10月16日(月)午後4時20分〜5時50分
場 所:沖縄国際大学13号館1階会議室   ※事前申込不要・入場無料

発表概要:

従来の言語教材が、一般に、「文字」を主、「音声」を従として扱う傾向があったのに対し、本報告では、琉球諸語における「音声」を主、「文字」を従とする言語教材の必要性と可能性を危機言語の記録保存、言語習得と方言教育の観点から提案する。また、提案する音声教材は、これまでの琉球諸語の研究の蓄積に基づいた体系的な教材であると同時に、教材を作成しながら、文法記述と言語記録が可能になる構成にした。文法記述の研究と教材作成の両立は可能であり、むしろ両者は不可分であるといえる。この2つが両輪となって、相互に連関させて研究を進める必要についても述べる。



※ポスターはこちら



サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る