【南島研】第203回シマ研究会「教えることは学ぶこと ―現場から沖縄戦を考える」を開催します!

南島文化研究所では、第203回シマ研究会を次の通り開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

【第203回 シマ研究会】

【発表タイトル】
教えることは学ぶこと ―現場から沖縄戦を考える

【講 師】
吉浜 忍
南島文化研究所所員/沖縄国際大学総合文化学部教授

【コメンテーター】
藤波 潔
南島文化研究所所員/沖縄国際大学総合文化学部准教授


【日 時】
2018年1月29日(月) 午後4時20分〜5時50分

【会 場】
沖縄国際大学 13号館 4階403教室
※入場無料・事前申込不要


【発表概要】
高校・大学教員として46年間(うち4年間は史料編集室に出向)教育現場に勤務した。私の教育・研究の原点は最初に赴任した久米島高校にあった。生徒たちに向き合うことで地域に根ざした教育や現場主義の大切さを学んだ。また久米島高校以後の現場で平和教育を実践する中から沖縄戦継承の視点という問題意識が生まれ、地域の戦争で教えることの重要性を学んだ。こうした学びが地域史(県・市町村史)や沖縄県立埋蔵文化財センターと関わることで沖縄戦や戦跡の調査研究につながることになった。研究会では、この46年間の取り組みやその中で生まれた問題意識、研究テーマを具体的に語る。



※ポスターはこちら


サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る