【南島研】第29回 南島研セミナーを開催します!


南島文化研究所では、次の通り第29回 南島研セミナーを開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第29回 南島研セミナー

Vitality and Language Planning of Minor Insular Languages in Europe
- Lessons from and Message for the Ryukyus

ヨーロッパの島々にある少数話者言語の生命力と言語計画―—琉球から学ぶこと、琉球に伝えたいこと




■講師
トマシュ・ヴィヘルキェヴィッチ Tomasz Wicherkiewicz
(アダム・ミツキェヴィッチ大学/北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター客員教授)

■プロフィール
トマシュ・ヴィヘルキェヴィッチ。アダム・ミツキェヴィッチ大学(ポーランド、ポズナニ市)文学部教授。同学言語政策・マイノリティ研究科長を兼務。2018〜2019年に北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター客員研究員として在外研究。専門は言語学、社会言語学、特に言語政策、言語計画、危機言語の再生と記述、書記体系の社会言語学など。

■コメンテーター
石垣 直(南島文化研究所所員)
■司会
西岡 敏(南島文化研究所副所長)

■日時
2019年1月15日(火)16:20〜17:50
■場所
沖縄国際大学13号館1階会議室

■入場無料・事前申込不要
■報告は英語で行います。配布する資料などは日本語です。
■聴覚障害等のある方で、情報保障の必要な方は、2週間前までに、下記の連絡先までお問い合わせください。

■概要
本報告では、ヨーロッパにおける幾つかのマイナーな島嶼言語の社会言語学的、地政学的および歴史的状況に焦点をあてる。これらは統合的および区別的言語計画の興味深い事例であり、それらは必ずしもトップダウン/ボトムアップ的なアプローチと軌を一にするものではない。地理的な位置づけゆえに、島嶼言語は言うまでもなく不連続的な言語圏として発展するが、さまざまな異なる言語政策は言語(ミクロ)アイデンティティと言語(ミクロ)イデオロギーの集団を異なったものにする。本報告では、その事例としてバレアレス諸島(スペイン)、フェロー諸島(デンマーク)、フリジア(オランダ/ドイツ)、マン島(イギリス)の諸言語を扱う。また、言語計画の諸問題および民族言語学的な生命力の観点から、琉球諸語との類似点・相違点についても概観する。

※チラシはこちらからダウンロード出来ます。

■問い合わせ
沖縄国際大学 南島文化研究所
研究支援助手 打越
TEL: 098-893-7967 FAX: 098-893-8937 E-mail: nanchr@okiu.ac.jp

サイト内検索

南島文化研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937
 

ページの先頭へ戻る